So-net無料ブログ作成
検索選択

頭の良さは人間関係に表れる!?良好な関係を築く方法 [豆知識]

日常生活でも頭のいい人っていますよね、勉強が出来たり話し上手だったり。
なぜかいつも周りに人が集まってくる人は実はとても頭のいい人かも?
今回は頭の良い人の人間関係の築きかたと、その方法についてご紹介したいと思います。

頭の良さは人間関係に表れる
model 大川竜弥|Lala*
https://www.pakutaso.comスポンサードリンク






記憶力で人付き合いは改善する?

あまり話したことの無い相手でも、前回の会話の内容を覚えておけば次の会話もスムーズに進んだりしますよね?

もし
相手に話したことを忘れて、もう一度同じ事を話してしまう。
前回と同じことを相手に質問してしまう。
などしてしまったら、相手に「この人は私には興味がないんだな」と思われてしまいがちです。

記憶力の良い人は、自然と会話の内容を覚えているのかもしれませんが、そうでない人には難しい事。

仕事関係でとくに仲良くする必要のある場合など、会話の内容などを簡単にメモしておく事で忘れずにすみますね。
もしあなたが接客業だった場合は、お客様との会話を覚えておいて、次回来店時に「あの話の続きが気になります」や「この前おっしゃっていた旅行はどうでした?」など会話の助けにもなりますし、覚えてもらえることは単純にうれしいものです。

頭の良い人は感情に流されない?

人間関係が良好な人は、マイナスの感情には流されにくいようです。
イジワルをされたり嫉妬するなど、人間ですからいろんな感情があって当たり前なのですが、そこで誰かに悪口を言ってしまってはいい関係は築けません。
仏のような心の持ち主ならできることかもしれませんが、ついつい悪口をいってしまうこともあると思います。

頭の良い人は冷静に「今この悪口をこの人に言ったら後々どうなるか」「こんな態度をとったらどうなるか」を考えているそうです。
冷静さも頭の良さなのかも。

マイナスの感情を吐き出すにはやっぱりこれも「書くこと」が大事だそうで、「書くことで一呼吸おいて冷静になる」や「本当に言うべきことか、考える余裕をもてる」事につながるそうです。
言うべき事と、そうじゃないことを冷静に判断することが大事なようです。

まとめ

接客業をやったことがある人はわかるかもしれませんが、話の内容を覚えておくのってほんと大事だと思う。
わたしは会話が苦手なのでいつもメモして次に会うときのネタにしてました。
お客さんも覚えておくと喜んでくれることが多いし。
ただ冷静に判断するのは苦手だw後悔ばっかりの人生です・・・


スポンサードリンク











nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ
Subscribe with Live Dwango Reader
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。